人気ブログランキング |
 
キキの物語 8
    2008年 01月 06日
b0114190_20355549.jpg

新春なのに、御主人にちょっとムカついたしまった。聞いてくられるか、僕のプライドが傷つけられた話を。
昨日のお昼頃、帰ってきた御主人が、僕を見ながらこう言ったんだ。「Aさんとこの猫、かわいいんだよ、子供と一緒に散歩に行くんだってよ。奥さんが話してくれたよ」
「そうなの、昔うちにも一緒に散歩する猫がいたよ。呼ぶとね、嬉しそうに飛んで来るのよ、犬みたいでかわいかったよ。」
「そうなんだ、キキは、言う事聞かないし、かって気ままだからな。」
だったら、犬でも飼えばいいんじゃあないか、僕の生き方は、猫らしいりっぱな猫道で、犬みたいな猫は、邪道だ。
気ままにしているようで、計算されたこの身のこなし、餌を貰う時以外は、媚は売らない猫としての誇り、わかってくれとは、言わないが口惜しいばかりなのだ。
言えば言うほど、腹が立つので、やめた。いつか僕の気持ちがわかる日が来ることを願い、愚痴はこれでよしとしよう。猫の愚痴は似合わない、愚痴をこぼすのは人間の特権だから。
<< 春の花